top of page
検索
  • Yumi Kitaichi

シンガーソングライター

小学校4年生の女の子Mちゃんは最近、作詞をしてくるようになりました。


ちょっと前から、自分で作った「こわい話」を聞かせてくれていました。

タイトルをいくつかしゃべって、「先生どれを聞きたい?」と聞いてきて、

私がタイトルの一つを選ぶと、何もみないでソラで読み始めるのです。

本当に本をよんでいるように!


MちゃんはASDという発達障がいなので、

そのお話の話し方にも特徴があります。

息つく暇もなく、だーっと続けて話します。


そんな話し方なので、私がちょっと油断をしていると内容が入ってきません💦

が、中身はしっかりしていて、文章もとても上手なのでした。


そんな事が続いたある日、「歌を作ってきた!」

と意気揚々にレッスン室に入ってきて、やはり句読点があまりない感じの、

歌詞がだーっと書かれているメモを見せてくれました。


多分彼女の中では歌がもう出来上がっているんだろうなぁ、、、

と思えるようなメモです。


ここからMちゃんがピアノでメロディーを弾きながら音楽をつけていきます。

拍子も調性もわからないので、それを考えながら楽譜にしていきます。


まだ途中なのですが、とっても楽しい作業です。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

世の中のコロナも少し落ち着いて、教室では9月から通常レッスンに戻っています。 私はいまだに罹患しておらず、だんだん罹っていないという人の方が少なくなってくるのではないか?とさえ思ってしまいます。 それでも感染対策としてレッスン後には手洗いうがい、 手洗いができない時にはアルコール消毒。 ちょっと調子悪いかなと思ったら鼻うがいを取り入れています。 さて、表題の件について。 来年度の幼児リトミックグ

浜松でもコロナ感染者が爆発的に増えてきました。 子どもから家庭への感染が多いようですので、 教室のグループレッスンはひとまずお盆休み明けまでお休みします。 8月後半にレッスン再開できるようでしたら、 教室の生徒さんへはLINEでお知らせします。 グループレッスンの体験レッスンご希望の方は 9月以降になりますので、ご了承ください。 個人レッスンについては通常通りのレッスンとします。

記事: Blog2_Post
bottom of page