検索
  • Yumi Kitaichi

シンガーソングライター

小学校4年生の女の子Mちゃんは最近、作詞をしてくるようになりました。


ちょっと前から、自分で作った「こわい話」を聞かせてくれていました。

タイトルをいくつかしゃべって、「先生どれを聞きたい?」と聞いてきて、

私がタイトルの一つを選ぶと、何もみないでソラで読み始めるのです。

本当に本をよんでいるように!


MちゃんはASDという発達障がいなので、

そのお話の話し方にも特徴があります。

息つく暇もなく、だーっと続けて話します。


そんな話し方なので、私がちょっと油断をしていると内容が入ってきません💦

が、中身はしっかりしていて、文章もとても上手なのでした。


そんな事が続いたある日、「歌を作ってきた!」

と意気揚々にレッスン室に入ってきて、やはり句読点があまりない感じの、

歌詞がだーっと書かれているメモを見せてくれました。


多分彼女の中では歌がもう出来上がっているんだろうなぁ、、、

と思えるようなメモです。


ここからMちゃんがピアノでメロディーを弾きながら音楽をつけていきます。

拍子も調性もわからないので、それを考えながら楽譜にしていきます。


まだ途中なのですが、とっても楽しい作業です。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

浜松でもコロナ感染者が爆発的に増えてきました。 子どもから家庭への感染が多いようですので、 教室のグループレッスンはひとまずお盆休み明けまでお休みします。 8月後半にレッスン再開できるようでしたら、 教室の生徒さんへはLINEでお知らせします。 グループレッスンの体験レッスンご希望の方は 9月以降になりますので、ご了承ください。 個人レッスンについては通常通りのレッスンとします。

2022年度のレフティクラスですが、木曜クラスの残席1名のみとなりました。 土曜クラスの募集は定員となりましたので、 土曜クラスご希望の方は、来年度までお待ちください。 7月より親子分離を試みます。親子分離完了後の新規入会は、カリキュラムの都合上難しい可能性があります。 木曜クラスも親子分離完了後は新規の生徒さんの入会を締め切る可能性がありますので、入会をお考えの方は早めに体験にいらしてくだ

発達障がいをもつお子さんのための性教育講座を開催します。 お申し込みはこちら→ 性教育、というとなかなか一歩が踏み出せないかもしれませんが、 子ども自身が大切な存在であるということを学んでいくのに必要な人間教育、 と捉えれば良いのではないでしょうか。 今回は発達障がいをもつ子どもの親という限定をつけて講座を開催します。 なぜ発達障がいのお子さんという限定にしたかというと、以前に教室内で全員にむけ